在宅医療とは

住み慣れた場所で病気と付き合いながら豊かに暮らしたい、という願いをサポートします。

外来・入院でお困りの方に

「受け入れ場所が無く、望まない長期入院を余儀なくされる方」
「体が不自由など通院が困難で、自宅での急変に不安を抱く方」

 

医師が訪問診療を行う事で、自宅に居ながら外来・入院時のように医療を受ける事ができます。外来と入院の間で苦労される方々をサポートします。

診療の流れ

このようにして、自宅に居ながら入院・通院時のように医療を受けることができます。

 

 

診療の実際

日々の「訪問診療」

診察

診療科の区分にとらわれず、全人的な医療を行います。

検査

血液検査・細菌培養検査など、必要な検査を実施します。

処置

注射や点滴、胃ろう・尿道カテーテルの交換、呼吸器の管理など必要な処置を行います。

処方

院外処方箋を発行します。

連携

手術や専門的な検査が必要な場合は、高次医療機関に紹介し、
連携して治療を行います。

予防

インフルエンザや肺炎球菌ワクチンなど、各種予防接種を実施します。

 

急変時の緊急対応

看護・介護・リハビリ面など、総合的なサポートを提供します

訪問看護やリハビリ、訪問介護などを併用し、総合的なサポートを受ける事もできます。

また、家族の介護負担が限界に来ている、医療費負担がきつく、補助制度を探している・・・など、医療面のみならず、生活面も含めた総合的な相談に応じています。

 

 

 

初診までの流れ

1. ご相談

当院HPの「お問い合わせ」や病院相談室、ケアマネージャー等を通して、患者さんの様子をお伝え下さい。療養上の不安や疑問点にお答えします。 できる限り、紹介状や内服処方、検査データ等をご用意下さい。

2. システム説明 初回予約

当院のシステムや準備について説明します。当院での在宅療養を希望される場合は、病状に合わせて初診のスケジュールを決定します。

3. 初回訪問

初回の診療に伺いますので、この時までに必要なものをご用意下さい。 療養上の希望や疑問点を伺い、その上で今後の治療方針を決定します。 当院の対応が合わないと感じられた場合は、以後の訪問を中止することもできます。

4. 定期訪問

訪問診療を開始し、在宅での療養生活を開始します。

 

 

 

 

対象となる方

入院中の場合(例)

など、病院・施設から自宅へ帰りたい方が対象になります。

外来通院中の場合(例)

など、通院困難、自宅療養に不安のある方が対象になります。

施設入所中の場合

施設にお住まいの方も在宅診療を受けることができます。

施設入所者への在宅診療は、厚生労働省により下表の通り決められています。

  訪問診療 末期の時
有料老人ホーム

グループホーム

介護付有料老人ホーム

特別養護老人ホーム

×

介護老人保健施設

×

×

介護療養型医療施設

×

×

他の医療機関を併用する場合

例えば化学療法や免疫療法など、専門科の特殊な診療は病院で、在宅療養は当院と併用して頂くこともできます。

 

可能な処置

長期的な医療処置の管理(例)

栄養管理

・点滴の管理  ・経鼻経管栄養

・中心静脈栄養  ・胃ろうの管理

排泄管理

・膀胱留置カテーテル

・人工膀胱の管理

・人工肛門の管理

呼吸管理

・酸素療法

・気管切開部の処置

・人工呼吸器管理

褥創管理

・褥瘡の管理

その他

・認知症:問題行動の症状緩和、内服での対策

・パーキンソン病など:内服や症状への対策

・糖尿病:インスリン注射・血糖測定の管理

・がん:痛みに対する医療用麻薬の投与


※この他にも様々な処置に対応しております。詳しくはお問い合わせください。

緊急時の対応(例)

 

 

 

診療エリア

※上記は参考です。疾患の重症度により、対応可能範囲が変わります。

 詳しくは、お気軽にお尋ねください。

 

 

 

 

費用

各種健康保険が適用されます

※高額療養費制度の詳細は こちら

【説明】

医療費負担の上限は全国一律で決まっています。

(高齢者で1割負担の方は12,000円、3割負担の方で44,400円)

この他に検査や複数回の往診などの治療を受けたとしても、1ヶ月あたりの診療費の自己負担は、1割負担の場合で概ね6,000円~12,000円程度、3割負担の高齢者の場合、18,000円~44,400円程度となるとお考え下さい。

 

◆1回の訪問につき、交通費を実費で徴収いたします。

◆院外処方のため、 薬代は通院・入院時と同じ金額だけ、薬局へ支払うことになります。
 介護保険 居宅療養管理指導料として別に月額580円の負担がかかります。

 

自己負担が無料になる場合があります

脳梗塞の後遺症や加齢で四肢が不自由な方など、重度の身体障害のある方は、重度心身障害者医療費の助成を受けられることがあります。

 

しかし制度を知らないために、助成を受けていないケースが見受けられます。

当クリニックでは、行政の定めた基準に沿って、公平に制度を利用できるようサポートしています。

 

 

 

 

▲ページTOPへ